マグネシュウム、クロレラ、ダイオキシン、健康、ダイエット、体脂肪、コレステロール、カリウム

ご注文はこちら
FAX注文用紙
商品一覧
Top Page



環境ホルモン自衛策 潟Nロレラセンター
 環境ホルモン自衛策はクロレラ緑宝がお手伝いします。
 
 アメリカの女性科学者Rachel Carson博士は、"我々の運命は動物達と結ばれている"と、早くも40年前に、その名著―"Silent Spring 「沈黙の春」"で、化学物質による動物の被害から、生態系への危険性について警告を発している。
 今日、我々は毒性のきわめて強いダイオキシン、PCBやその他の化学物質による汚染に直面し、対策の必要に迫られている。

 NHKの報道に依れば、地球上に現存する化学物質は一万数千種に上る。
幸い、クロレラは良く
ダイオキシンやPCBなどの化学物質を体外へ排出する。
 クロレラの
ダイオキシン排出促進効果は、クロレラを常時食べていれば、ダイオキシンを体外へ排出する量は、自然排出が僅かの数%程度に留まるのに比べ、実に、5から10倍にも達するのである。
母乳に含まれるダイオキシン類。食事で汚染防げる。
2001年09/05 yomiuri
 より抜粋

 母乳に含まれるダイオキシン類の濃度は、母親の体に長年蓄積された量に比例するというより、日々の食事に含まれるダイオキシン類に大きく左右されるという研究結果を摂南大薬学部の宮田秀明教授らがまとめた。
 
 食事で摂取されるダイオキシン類の6割は、魚介類からとされる。
宮田教授らが厚生省の調査では、水質が汚染されている大都市沿岸の魚ほど高濃度だった。野菜など農作物も土壌汚染度に影響されるという。

 授乳中や妊娠中の女性が個別レベルで汚染を防ぐには「データーを参考に食物の産地を選ぶのも1つの方法」と宮田教授。

 またいったん口から入ったダイオキシン類をうまく排出したり吸収しにくくすることもできる。食物繊維は排出を促し、葉緑素はダイオキシン類を吸着する性質を持っている。

 「国内のダイオキシン類の大半は一般ゴミや産業廃棄物の焼却で発生する。
この問題の解決も忘れてはならない」と宮田教授は指摘している。

健康名人は名水を選ぶ
クロレラ緑宝のすすめ
 台湾の中央山脈の山々に囲まれ、自然に恵まれた環境の真っ只中で、汚染の全くない、そのままボトルに詰めて、ミネラルウォーターとして販売できる、地下から汲み上げた天然水によって、クロレラ緑宝は培養されています。
贅沢この上ないクロレラです。他社の追従を全く許しません。
 
 台湾は気候的にクロレラの適産地といわれています。
中でも、ここ台湾中部南投県東光村にある、当潟Nロレラ・センターの100%子会社、壽王総業鰍ノよって、クロレラ生産が一貫作業の下に行われています。ここの培養場で地下300mから汲み上げる水は、地質学上では白亜層の、何百年も前から、蓄えられた天然水です。
昨今の環境汚染とは全く無縁の素晴らしい、そのまま飲める、おいしい軟水です。
 このような環境汚染ゼロ地帯で、心をこめて培養し、生産されているクロレラは他にはありません。
また、クロレラの生産は、日本の技術指導の下に行われています。  
名水で作られたクロレラを選ぶことが、何よりの健康の極意です。
 
 クロレラはやっぱり緑宝です。その葉緑素の含有量はホオウレン草の2000倍もあり、しかも、32種に分類される葉緑素を全て含んでいるのです。
 是非お試しください。